【メッセージ】 鷲田章斗 より

 

FineΦClover のメインプロデューサーの鷲田です。

1997年に大手玩具商社へ入社以来、玩具だけではなく、ゲームやフィギュアなど、多方面のエンターテイメントに携わって来ました。

その中でも、フィギュアを中心としたホビーアイテムの企画を多く手がけました。

そして2016年。現在の玩具企画会社に移籍し、FineΦCloverを立上げ、現在に至ります。

 

FineΦCloverは、フィギュアや、玩具、プライズなど、エンターテイメントに関わる各方面で活動してきたメンバーが集まり、2017年冬のワンフェスで旗揚げした、誕生したばかりのフィギュアレーベルです。

多くのミュージシャンが、理想の音楽を提供したいと言った思いで、新しいレコードレーベルを誕生させた様に、我々も、思いが伝わる様な、理想のアイテムを提供できるように、努力して参ります。

 

「アイテムを企画することで、日本が誇るべき、魅力的なキャラクターや文化を、後世に残す一助となりたい。」

我々は、そんな思いでアイテムをプロデュースしています。

その為に、流行を追うだけではなく、まずは担当者自身が「惚れ込んだ」作品をチョイスすることを心がけています。

また、原型師だけに評価を背負わせない様に、関わったスタッフの名前も、あえてクレジットしています。

製品や企画には、常に賛否双方が生まれるものとは思いますが、ファンの一人として、ファンの為に、ファンと喜びを分かち合う為に、ひとつひとつ丁寧に制作を進行していこうと思っております。

 

今はまだ、小さな小さな集団ではありますが、より多くの人々と、喜びを分かち合えたなら、幸せです。

 

2017年7月吉日


※鷲田章斗の個人Twitterです。

※フィギュアやホビーに無関係なことを呟いたり、毒を吐いたりします(笑)

※広報担当、松谷伊功の個人Twitterです。

※こちらも、暴走したり、毒を吐く場合がございますので、ご注意下さい(笑々)